連休明けは太りがち…甘酒断食で元より体重減?断食成功の秘訣と注意点

amaze_diet.fasting

夏休みシーズン。普段は仕事を頑張っている方も、連休をとって帰省したり出かけたりした方も多いと思います。ただ、そういう連休ってどうしても食べすぎてしまいませんか?

実家に帰って、家族で美味しいご飯を食べてゴロゴロと過ごした方…

旅行に行って、旅先の珍しいためものを片っ端から食べてしまった方…

友達とバーベキューに行って、はしゃぎすぎて暴飲暴食してしまった方…

などなど。。。

連休はついつい食べ過ぎ、飲み過ぎてしまって、いつもの生活に戻った頃には胃腸がぐったりと疲れきっている場合が多いんです。

連休明けって、ただでさえ「あー、今日から仕事(学校)か・・・」なんて思って気持ちが下がりがちなのに、その上胃腸まで疲れていたら体力も回復しませんよね。

では、休み明けの疲れた体を回復するにはどうしたらいいのでしょうか?

疲れた胃腸を回復させる方法!それは胃腸を休ませること

胃腸を休ませると言われても。一体どうするのでしょうか?

それは単純で、

胃腸を使わないこと

これに尽きます。胃腸を使わないというのは、つまり「食べない」ということ。断食ですね。

断食と言ったら、修行僧の方々やイスラム教では定番の行いで、主に宗教上断食をする方々は自らの信仰心を清めたり、欲を捨て精神力を高める修行の一環とされています。

ただ、近年では断食も健康のためやダイエットの方法として捉え、宗教とは関係ないところでも注目されています。

この飽食の時代。特に日本で言えば、食べ物が食べられなくて寿命が縮まるというより、食べすぎて縮まるという場合が圧倒的に多い。

胃腸の疲れはもちろん、ダイエットや健康面でも良い結果が出やすいと言われている「断食」。

一度試してみられませんか?

断食のやり方

断食にも様々やり方はあるようですが、間違えた方法をとると逆に太ってしまうこともあります。

基本的な断食の方法として、「準備期間」「断食期間」「回復期間」のステップを守ることが挙げられます。

〈準備期間〉

断食準備のための期間。断食を開始する1~2日前から食事の量を徐々に減らして行きます、食事の内容もこってりしたものや脂っこいもの、消化に悪いものは避けます。調理法も、揚げ物や炒め物は避け、煮物や蒸し物を選ぶのが良いでしょう。
もちろん、お酒も控えましょう。

断食前日の夜は、お蕎麦、柔らかいうどん、おかゆ、お豆腐、野菜スープなどの消化に優しい食べ物で、かつ腹八分くらいにとどめましょう。

〈断食期間〉

断食期間は、実際に何も食べず、水だけで過ごします。この期間は体力を消耗しやすいので激しい運動なども避けてください。
期間は1~3日とされていますが、いきなり3日に挑戦するのは苦しく、続きにくいです。半日や1日からスタートして、徐々に増やして行く方法をオススメします。

〈回復期間〉

断食が終わったら、また準備期間のような食生活をして徐々に普通の生活に戻して行きます。いきなり固形物を食べると胃がびっくりして腹痛などの原因になるので、おかゆやスープ、甘酒などのゆるい食べ物からスタートしてください。

断食の注意点

以下の注意点をしっかり守って挑戦してみましょう。

1、準備→断食→回復の正しいルーティーンをしっかり守る

断食って絶食すればいいんでしょ?と思っている方も多いのですが、そういう訳ではありません。上で説明したようなルーティーンを守るようにしてください。急に食べたり、食べなかったりすると逆に体調を崩したり、太りやすくなったりしてしまいますので注意しましょう。

2、無理しない

最初から無理するとかえって逆効果。初めての方は1日や半日からなど、短い時間から始めるようにしましょう。最初は、朝ごはんを控えめにして、お昼は甘酒、夜ご飯を断食など1日の中で行うプチ断食もおすすめです。

3、激しい運動は避け、十分な水分を取る

まず、断食中は免疫も落ちやすいので激しい運動やがっつりレジャーは控えるようにしましょう。ただ、無理のない有酸素運動やお散歩、ストレッチなどは体を温めてくれるのに効果的です。適度に取り入れて見ましょう。

水分補給も大切です。何も食べないと喉の渇きを感じにくいですが、意識して一日2リットルほど飲むと良いでしょう。

4、断食中は冷えやすい!軽いウォーキングや入浴でしっかり体を温めて

消化してできる熱エネルギーは食べ物を食べないと発生しません。なので、断食中は冷えやすいと言われています。体が少し温まる程度の軽い有酸素運動や入浴、ストレッチなどで冷え対策をしましょう。っ

5、病院にかかっている人、持病治療中の方は医師に相談

断食も病気があればできないこともあります。逆に推奨される場合もありますので、しっかりと医師に相談してください。妊婦さんも推奨はされていないようですが、やり方によってはできる方法もあるようです。妊娠中、太りすぎることも良くないのでそういった場合は助産師等に相談してみるのも良いでしょう。

断食前後の栄養補給としておすすめな「甘酒

断食をする前の準備期間やその後の回復期間の食事として大変おすすめなのが「甘酒」です。

甘酒は飲む点滴と言われるほど栄養が豊富な上、固形物ではないので消化にも優しく、断食前の準備期間やその後の回復期間に取り入れて見てください。

甘酒を取り入れる利点として期待できることはこちらの記事で紹介しています。

✳︎

ぜひこちらも参考にして見てください。

断食成功のための心得

断食というと

失敗しがち
リバウンドしそう
結局我慢できなそう
逆に体調を崩しそう

などと、マイナスなイメージを持っている人も意外と多いようです。

しかし、断食による健康維持やダイエットを成功させるには、そういった固定観念を打ちはらう必要があります。

断食を始めるときはポジティブな考え方で進めていくと成功しやすいと言われています。

例えば・・・

食べすぎて疲れた胃を癒してあげよう

体の毒素を抜いて内側からきれいになろう

腸のお掃除をしよう

など、そういった考えを持つと、体調を壊すかもしれない、逆に病気になるかも・・・などといった不安が一気に解消されます。
人間、1日くらい食事を抜いても正直体はなんてことないです。逆に体の毒素が抜けたり、腸内がきれいになったりと良いことがたくさんあると考えましょう。

ただ、準備期間と回復期間を忘れずに。

我慢できないかも、逆に太ってしまうかも・・・という考え方も捨てましょう。
我慢できなかったら、次がある!何度挑戦しても良いのです。逆に太ることを心配してしまっていては何も始められません。まずはやってみる!

最後に!!

断食は私には合わないと思ったらすぐにやめてしまっても問題ありません。合わない方もいます。

自分がこれが好きだなと思う、合っていると思う健康法を取り入れて見てください。