甘酒は市販より手作りが断然おすすめ!酵素が死なない甘酒の作り方

amazeke 甘酒 効果 健康 美容 ダイエット 酵素 効率

健康のために甘酒を飲んでいる人が増えています。肌にも、ダイエットにも、冷え対策にも、生活習慣病の予防や疲労回復など、甘酒は期待できる効果が多く、まさに万能な栄養ドリンクのような存在である甘酒。甘酒をスーパードリンクにしている理由の一つが、甘酒に含まれている酵素の存在です。

甘酒にも含まれている!酵素とは何か?

甘酒 酵素 健康 効果 効能 ダイエット 美容

一時期流行った、酵素ダイエット。今でも続けている人は多く、食事に気をつけたり、サプリメントや健康食品から酵素を取っていたりと取り入れ方は様々です。
ただ、酵素が良い!酵素が良い!と言われても、具体的に何が良いのか?酵素ってそもそもなんなのかという疑問がある方のために一旦酵素とは何なのかというところから説明いたします。

酵素は人間が生きるために必要不可欠なタンパク質

甘酒 酵素 効果 効能 ダイエット 美容

酵素とは、触媒作用のあるタンパク質のことです。触媒というと難しく感じてしまいますよね。簡単にいうと、自分は変化せずに、周りを化学反応させて変化を促進させる力がある物質のことです。

体の中に取り込まれた様々な成分は、体の中で栄養になり、消化、吸収され、代謝され、最後排泄されるまでに様々な化学反応が起こります。

酵素はこの人間の中で起こっているありとあらゆる反応に関わっていて、人間が生きていく上で無くてはならない栄養の一つなのです。

酵素の種類!体内で作る酵素、外からとる酵素

酵素にはいくつか種類があり、大きく分けると

・体の中で作られる「潜在酵素」
・外から取る「食物酵素」

この2種類。潜在酵素とは、人間が体で作れる酵素で、一生のうちに作れる量が決まっています。作られる量には個人差があり、違いは遺伝子によるものと考えられています。
潜在酵素の中にも二種類あって、「消化酵素」と「代謝酵素」があります。

消化酵素

消化酵素は食べ物や飲み物を分解処理して、栄養を体に取り込む働きをします。唾液や胃液などは消化液と言われ、消化を助けるものです。その中に消化酵素は含まれています。なお、腸内の微生物も消化酵素を作り出します。

代謝酵素

代謝酵素は、代謝(栄養をエネルギーに変える働き)を助ける酵素です。外から取り込んだ栄養でエネルギーを作ったり、老廃物を排出したり、他にも治癒力や免疫力に影響を及ぼすなど、人間が生きる為の体の中での化学反応に大きく関わっています。

食物酵素

外から取れる食物酵素は、その名の通り食べ物から得られる酵素で、生の食べ物や発酵食品に含まれています。

どうして人間には酵素が必要なの?外から取る理由とは?

上記でも書いたように、人間に酵素は必要不可欠。しかし、酵素は限りがあるもので、歳をとるごとにどんどん少なくなってしまいます。少なくなると、

・代謝が落ちて太りやすい体に
・毒素がたまりやすくなり体臭や便秘の原因に
・栄養が運ばれにくくなり、疲れやすくなる
・免疫力が落ちて、病気になりやすくなる
・新陳代謝も落ちて肌荒れの原因に


など、悪いことばかり起こるようになります。
こういったトラブルを回避するためには、酵素を外から補う必要があります。

歳をとるほど少なくなる潜在酵素は食物酵素で補う?

食物酵素は外から取れる唯一の酵素。体で作られる酵素が少なくなるのであれば、外から補えば良いのです。
食物酵素は、生の野菜や発酵食品に含まれていますが、それらを加熱された食べ物と一緒に摂ることで、消化を助けるようになります。

潜在酵素を節約できて、栄養も取れる。そうすると、上で書いたようなトラブルも回避できますし、ぜひ積極的に食物酵素を摂取していきたいですよね。

そこでオススメの食材が甘酒です。しかも甘酒は市販のものよりも手作りの物の方が断然オススメです。

市販の甘酒よりも手作り甘酒の方がおすすめな訳とは?

甘酒 酵素 健康 効果 効能 ダイエット 美容

近年、体に良く栄養もしっかり取れる甘酒は人気が高く、幅広い世代に親しまれています。スーパーでも様々な種類の甘酒が売られており、市場規模が15年で9倍にもなったと言われています。

空前の甘酒ブーム!“米どころ”に巨大工場誕生

〈記事掲載元:テレ朝ニュース〉
https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000149105.html

手軽に甘酒を買える時代ではありますが、酵素を摂るには市販の甘酒よりも手作りの甘酒の方がオススメです。

その理由は、市販の甘酒の製造過程にあります。

普通甘酒は米と米麹を60度前後の環境で糖化させて作ります。その後、糖化が進み適度な甘さになると、雑菌の繁殖を抑えて保存状態をよくするために温度を90度まであげる火入れという作業が行われます。
酵素は60度で糖化させている時には壊れず、火入れの際に壊れてしまうのです。酵素はもともとタンパク質。お肉や卵も高い温度にさらされると変形してしまうように、酵素も壊れてしまうのです。
生のものや発酵したものに含まれるというのはそのためです。

酵素が死なない!手作り甘酒を作ってみよう!

火入れによって酵素が死んでしまった市販の甘酒。その他の栄養も、火入れの高温によって壊れやすいものもあるので、実際に自分で作った方がたくさんの栄養が取れます。


甘酒を作った頃がある方はわかると思いますが、実はものすごく簡単にできます。
こちらのページで甘酒の作り方を紹介しているので、是非参考にして見られてください。
手作り甘酒のデメリットは日持ちがしないことです。数日しか持たない場合もあるので、たくさん作って作り置きというのは難しいですが、作業自体は手が掛かることではないので食事の支度のついでということで作業メニューに取り入れて見てはいかがでしょうか。