「甘酒祭」無病息災など祈願 和歌山・淡島神社

甘酒 ニュース 効果 サプリ 神社 

10月3日に、和歌山県の淡島神社にて「甘酒祭」が開かれたようです。

こちらの神社では、医薬や酒造りの神とされている「少彦名命(すくなひこなのみこと)」を祭っています。
甘酒祭は、少彦名命が酒造りの神ということから、新米で作った甘酒を備え、それを参拝客にも振る舞い、無病息災や五穀豊穣を願う一年に一度の行事です。

毎年、200〜300人もの参拝客が訪れる人気のイベントで、気候の良い子の季節にもってこいですね。

今年は台風も多く、各地で被害が深刻であったこともあり、宮司が無病息災を願い、思いを込めて祝詞を読み上げ、椎茸や栗などの秋の収穫物を奉納しました。

淡島神社は、他にも婦人科系の悩みのご利益や安産祈願などでも知られていて、女性のための神様とも言われています。
甘酒も、美容や健康への効果からもわかるとおり、女性にとてもおすすめな飲み物です。特にこれから寒くなるので、暖かい甘酒で暖をとって冷え対策をしてみてはいかがでしょうか?

冷えにおすすめの記事
冷え性の原因と対策!甘酒でポカポカ冷え対策

淡島神社に関するHPはこちらから
和歌山市観光協会 公式HP

ニュース記事はこちらから
「甘酒祭」無病息災など祈願 和歌山・淡島神社